有機野菜の定義とは?

近年耳にすることも増加している「有機野菜」。
健康に良さそう、品質がしっかりしてそうなど、耳障りの感想は人それぞれ色々あるものですが、では実際、「有機野菜」とはいったいなんなのか、「一般野菜」といったいどのような点が違っているのか、詳しく知っている人はあまり多くありません。
なんとなく良さそうというくらいの気持ちで、有機野菜を買い求めている人は非常に多くなっています。
決して悪いことではありませんが、やはり自分が信じているものは、どのような理由から言われているものなのか、きちんと知っておくに越したことはありませんよね。


とてもシンプルに言うと、「有機野菜」とは化学農薬や化学肥料を使わずに育てられた野菜のことを言います。
これに対して「一般野菜」というのが、化学農薬や化学肥料を使って栽培された可能性のある野菜のことを言います。
あくまで可能性と言っているのは、実際に有機野菜として出荷出来る行程を踏んでいても、それを押し出していない方法で売られている野菜は、少なからず存在するからです。


もちろん、有機野菜であることがすべて良いというわけではありません。
化学農薬や化学肥料は、当たり前ですが決して野菜の品質を落とすために使用されているものではありませんし、きちんと検査し、使用しても消費者の身体に危険が及ばない成分のものを、正しい方法で使用しています。
虫がつかないようにするものをはじめとして、出荷される規格に合わせた野菜を作るために、欠かせない場合もあるのですから。


当サイトでは、このように有機野菜と一般野菜の違いなどについて紹介します。